上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
社会人に一応なったので、一区切りにして、新しいブログに変えようと思っています。

個人的な内容はFacebookで友達と共有出来ますので、ブログは英語で観光情報を発信していこうと思ってます。

ということで、新しいブログを立ち上げたら、こちらは一旦閉じさせて頂きます。

といっても!今はインターネットが無いので、ちょっとまだ目処はたってないのですが。^^;
スポンサーサイト
詩: 坂村 真民

二度とない人生だから
一輪の花にも
無限の愛をそそいでゆこう
一羽の鳥の声にも
無心の耳をかたむけてゆこう

二度とない人生だから
一匹のこおろぎでも
ふみころさないようこ
こころしてゆこう
どんなにかよろこぶことだろう

二度とない人生だから
一ぺんでも多く便りをしよう
返事は必ず書くことにしよう

二度とない人生だから
まず一番身近な者たちに
できるだけのことをしよう
貧しいけれど
こころ豊かに接してゆこう

二度とない人生だから
つゆくさのつゆにも
めぐりあいのふしぎを思い
足をとどめてみつめてゆこう

二度とない人生だから
のぼる日 しずむ日
まるい月 かけてゆく月
四季それぞれの星星の光にふれて
わがこころをあらいきよめてゆこう

二度とない人生だから
戦争のない世の実現に努力し
そういう詩を一篇でも多く作ってゆこう
わたしが死んだら
あとをついでくれる若い人たちのために
この大願を書きつづけてゆこう
期末試験の結果が出ました!卒業確定!よかったです~


帰国後、ヨーロッパ留学を果たしてきた友達との価値観の違いや、中国モードで価値観がなかなか元の日本モードに戻らない状態で就職活動へ突入、そして就職が終わった後は必修の単位を取得して卒業すべき猛勉強の日々。まあ最後まで必修単位を残しておいたのは自業自得なのですが。

別にもともとそういうつもりだった訳ではなかったのですが、今回の中国旅行は私の中での中国留学にとりあえず終止符を打つみたいな形になりました。


帰国前にお礼を言って、会いたかった友達に何も言わずに帰ってきてしまった一昨年の夏。大失恋の結果悔いの残る最後になった留学でした。自業自得なんですが、そんな訳で私はどうやらずっと中国を引きずっていたようです。

今回の旅行の目的は留学時代に過ごした懐かしい友達や町並み、あのご飯を食べることとしていました。南京時代にお世話になった中国人や留学生の友達に片っ端から連絡を入れ、二週間の滞在期間に数十人に会ってきました。毎日違う友達と懐かしい食堂や屋台を食べ歩き、あまった時間は大学構内をぶらぶらするという日々を過ごしました。

南京の街を歩けば昔の自分が目の前を歩いているようで、街角の小店で買い物をした日々が懐かしく、胸がいっぱいになりました。でもしばらく過ごしているうちに、町並みがだいぶ変わっていること、そしてそこにはその当時一緒に悩み、わんわん泣いてみた仲間や、毎晩夜遅くまで将来について、恋について、映画を見たり宿題をしたりしながら過ごした仲間はいないんだという実感が沸いてきて、急に寂しくなりました。南京がまるで知らない町のように感じてきて、誰とも共有できない思いに苦しみました。

そして、連絡の取れた友達に会って変化を感じました。

当時の先生は、別の仕事に転職していたり、学生だった友人は中国語の先生になっていたり、元気いっぱいだった友達が入院していたり。会話パートナーのお家を訪れた時は、私が外国人だと知っていながらがんがん中国語で話しかけてくる4歳児を見て、前あったときはまだ話が出来なかったのになと時間が経ったことを実感させられました。

みんなそれぞれの道を一生懸命生きているのだなと思いました。なんだ、私の中の南京が勝手にとまっていただけで、南京も今の南京を一生懸命生きているんだなと思いましたね。

そんな訳でブルーになっていた気持ちも帰国前にはしっかり新しい南京が私の中で更新されて昔の引きずっていた中国を無事整理整頓することが出来ました。ひきずっていたものから開放されただけでなく、成長した友人に会えた事で、今後も二、三年に一度は南京を訪れてお互いにお互いの成長を分ち合えたらいいなと、とてもワクワクする気持ちになることが出来ました。みんなにもそれぞれ日本のお土産を渡せたし、こういう行き来がずっとこれからも続けられるよう、中国語を頑張らないと!と思うばかりです。

さあ、3月は今度はヨーロッパへ飛びます。こちらは小学生時代に過ごしたベルギーとドイツでの思い出整理整頓の旅です。なにしろ10年以上会って無い友人に会ってくるので、かなり緊張しますが、今のうちに生理整頓して、しっかり前をむいて歩いていきたいなと思います。

さあ前をむいて歩く第一歩として奨学金返済!!!
今の出版社でのコピー&ペーストのアルバイトは正直言って工夫のしようも無いし、会話もしないので全然楽しく無いですが、家から近いから親孝行だし!お金になるので最後まで頑張るぞ~!!

ちなみに秋田を慌しく出てきてしまったので、秋田の友達にはぜんぜん挨拶も出来なかったのですが、実はこれはあえて整理しないでおこうという作戦です。2月に戻ってくるからねという適当なことを言って、お別れ会を片っ端から拒否しましたが、それは心にひっかかる状態である方がまた戻ってくる理由にもなるし、秋田はまだまだ今後も人生の中でおおきな一部として出入りする場所になるような気がするので、お別れの挨拶をする必要も無いかなという思いであえてそっけなく出てきました。

すでに秋田シックな私。あーあれだけ雪国はもう嫌とか言っていた私は何なんだ。笑
あけましておめでとうございます。

中国楽しかったです!新しい出会いと懐かしい出会いと、あっという間の2週間でした。これに懲りずまた旅行に行きたいな!疲れが出て風邪気味ですが、徐々に中国旅行の振り返りしてまいります~。

帰国してからはまた東京近辺の保養家族ステイのヘルプ、留学生のベトナム系アメリカ人の友達が我が家に遊びに来てくれたり、あとは毎年恒例のパーカス同窓会やらで休みなしの日々でした。

今年は新たな門出の年でございます。中国語では馬の上と書いて、もうすぐという言葉があります。午年にかけて、馬上卒業します、馬上就職します!馬上社会人です!笑

諦めず、粘り強く頑張ります。
2013.12.18 さらば秋田
今、東京へ向かう高速バスの中です。

長かった5年間。
5年目の秋学期は本当によく勉強した学期だった。夏にほとんどの同期が卒業して、残り物になったなあと今学期が始まるまでは思っていたけれど、普段一緒にいた友達がいなかった分、自分の時間がとれて、だから勉強もそれなりに頑張れて、苦手だったグループワークもちょっとは自身がついたり、嫌いだった英語ももうちょっとやろうかなって思えたり、あとは先生との距離も縮まった気がします。
勉強大変だったけど楽しかったな〜!

そして何より後輩にとってもお世話になりました。どの授業もみんな後輩で、どうなるかと心配してたけど、皆話をしてみると面白いし、それぞれ考えを持ってる素敵な人ばかりで、少人数授業の素晴らしさを改めて実感した学期でした。同期とばかりつるんでいた自分がちょっともったいなかったなあと思うと同時に、最後にいろんな人と話をする機会があって楽しかったなぁと思います。

どの授業もとても印象的で、みんなにとにかく感謝です。

そして、その中でも残った同期や卒業したけどこれから秋田で働く同期の彼らにも助けられました。

夏に卒業していたらこんなに深い関係にならなかったであろう人々にたくさん出会い、沢山思い出が増えてとても素敵な学期でした。

今日も直前まで課題が終わらず、夜ご飯を予定していた友達に会えないかもと連絡したのですが、なんとか無事最後の課題を提出し終え、駅まで迎えに来て頂きました。

高速バスに乗る前は道路でつるりん。最後に、秋田に舐めんなよって言われたな笑

とりあえずまた戻ってきますが、しばらくは離れます。ありがとう秋田!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。