上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あけましておめでとうございます。

中国楽しかったです!新しい出会いと懐かしい出会いと、あっという間の2週間でした。これに懲りずまた旅行に行きたいな!疲れが出て風邪気味ですが、徐々に中国旅行の振り返りしてまいります~。

帰国してからはまた東京近辺の保養家族ステイのヘルプ、留学生のベトナム系アメリカ人の友達が我が家に遊びに来てくれたり、あとは毎年恒例のパーカス同窓会やらで休みなしの日々でした。

今年は新たな門出の年でございます。中国語では馬の上と書いて、もうすぐという言葉があります。午年にかけて、馬上卒業します、馬上就職します!馬上社会人です!笑

諦めず、粘り強く頑張ります。
スポンサーサイト
2013.11.17 バイオリン
親の勝手なる判断によって始めた「バイオリン」ですが、続けてきた甲斐があったなと思う今日この頃です。

毎週金曜日にバイオリンの授業があり、土曜日にそのクラスの応用編としてバッハのコンチェルトに今学期は取り組んでいます。芸大出身のおちゃめな先生で、私の両親よりも一回り年上とは思えないくらいパワフルで、一昨日フランスから戻ってきて今日は時差ぼけの状態で授業をしに秋田へ東京から飛行機でいらっしゃってました。

応用編と言っても私のような経験者から大学に入って初級クラスを終えたばかりの学生まで様々なのですが、先生はそれぞれの学生に合わせて要求を的確にしていきます。なので、本当に飽きないし、もちろん初級の子へのアドバイスも私も「なるほど!」と思う内容は多々あるので、この授業を追加料金なしで受けられる自分は本当に恵まれているなとつくづく思うのです。

今日はさらにもう1人の先生が指導にいらっしゃってくれました。普段はクラッシック音楽を学ぶ授業をやっていらっしゃるバイオリンニスト経歴が結構すごい方で、実技の授業はあんまり顔を出したことが無かったので、ちょっと驚きでした。初心者も経験者も問答無用にビシバシと切り捨てられ、音程、運指、バイオリンの根本的な構え方などなどかなり細かいところまでご指導いただきました。

こんなに音楽とバイオリンを突き詰めて人生を歩んできたお二人の授業を受けられるのもあと一ヶ月だと思うととても寂しく思います。こんな機会に恵まれている自分はとても運がいいなと思うし、あと一ヶ月、クリスマスコンサートまでめっちゃ練習したいと思います。

今は亡き学長はスズキメソッドの鈴木先生本人にバイオリンを習っていた経歴をお持ちで、お亡くなりになる前も、暇をみつけてはマイバイオリン持参しては私達の授業で演奏していらっしゃいました。そんな先生が愛情をこめてこしらえた学校で、先生の大好きだったバイオリンをプロの演奏家の方から教えてもらえる私は本当に幸運です。

感謝
9月から暇があれば図書館族な生活をしてきたのですが、実は単純な計算ミスをしてて、単位を落としさえしなければ卒業できることがわかりました。

ふーーー

心の余裕が出来たので、今週は1月~3月何をやろうかとぐるぐると考えておりました。社会人になる前の最後の(とりあえず今の内定先から転職するまで?笑)長期休暇なので、時間を有効に使いたいなーと思い、何しようかな~ワクワクという具合。とらぬ狸の皮算用をえっちらえっちらと。

でも最終的にやっぱり広島に戻ることにしました。

実は、高校生の時は部活で手一杯で広島にいながら年末も実家に帰らず練習、3年になると部活の後は受験が忙しく、そして大学に行ってからは距離の問題もあり、なかなか家でじっくり過ごすという時間はここ10年くらいなかった様に思います。

大学5年生になってとても後悔していることは、もっともっと私が他のことに忙しくしている間に先に亡くなった2人のおじいちゃんの話を聞きたかったなと思うのです。1人は大学教授で戦争を経験していて、もう1人は戦後の混乱を経験した島の生まれ漁師でした。2人ともかなり濃いキャラで基本しゃべり続けるタイプの人だったので、がちゃがちゃうるさいなと思うばかりで、話を気に止めたことがなかったのです。

でも今はもっと話を聞きたかったなと思います。同時にもっともっと孝行したかったなとも思います。自分への投資、自分の将来のことしか考えずに突っ走っていたのは良いけど、やっぱり家族だから。

そう思うと、今は認知症になってしまったけど昔のことは色々話の出来るおばあちゃんのそばにいてあげたいし、私も話を聞きたいと思う。そして、そんなおばあちゃんになってからでは遅いから今のうちに自分の母の話や、父の話も聞きたいと思う。ということで広島で出来る限りの時間を過ごそうと思いました。

最近は自分への投資よりも、大切な家族、友達、そして大人の方々との繋がりや時間がとても貴重に思えます。歳なのかしら?笑 まあ成長したということで、もっと上を目指してがんばるんば!!
2013.11.09 再会ぱーと2
今日は高校の時の恩師が秋田まで演奏に来るということで、秋田駅の方までお会いしに行って来ました!

高校時代は先生と生徒という関係であったことと、更には、私の所属していた部活は上下関係に重きをおくところがあり、もちろん年上である先生にプライベートなことをあれこれ話したり質問したりすることはタブーという感じが何となく共通の認識だったので、卒業してからこうやって会って話が出来るのはとても新鮮で、嬉しくもありまた、学ぶことが多いです。

もちろん、高校生の頃も先生から学ぶことは多くありましたが、それはどっちかというと音楽を通してという感じでした。今はそのしがらみからもっと外れていろんな話が出来るのがとても楽しいです。

とても人間的に尊敬する恩師であり、私の目標でもあるので、今日もいっぱいパワーを頂きました。

さあ、負けてられないので頑張ります!!
2013.10.11 再会
最近はめっきり課外活動から離れて、畑の世話以外は勉強にどっぷりという生活をしています。

先日久しぶりに大学生らしい交流会に参加してきました。学校主催の留学生対象農家民宿ツアーに、通訳人兼写真係として同行してきました。

いや、別に大学生ぽいことをやりたくなったのでは無くて、私の目を引いたのは主催者の下の欄にあった受入団体の名前!!何と、私が大学2年に秋田中を駆け回っていた頃に知り合って、お世話になった方の現在の職場でした!

「会えるかも。」

この方、県庁職員の方なのですが、県外出身で私を勝る勢いで秋田が大好き以前良く自家用車で、あっちやらこっちやら色んな所に連れて行って下さった方なのです。今では元々大好きだった農家民宿の担当になってらっしゃるので、公も私も農家民宿でいっぱいな生活をしていらっしゃるようで、とってもお忙しく、私は私で就職活動やバイトがあったので、留学から戻ってからはお会いする機会が結局無かったのです。

当日は各班に留学生数名と日本人一名で、それぞれの民宿に別々に別れて農作業や田舎体験。私の班はほうれん草の収穫と薪割り、一泊して次の日は全ての班が再集合して自分たちの体験内容を発表し合いました。

キョロキョロしていたら、お会いしたいしたいとおもっていた方を発見!!思わず号泣しそうなのを必死に堪えるので精一杯でした。2年生の時の一生懸命な自分も一緒に蘇ってきて、いっきにタイムスリップ

もちろんお互いヘルプで参加している身でしたので、近況報告だけとりあえず。それでもとても嬉しかったです。

改めて、人との繋がりの暖かさを感じました。

私は何しろ不器用で、目の前のことに夢中になるタイプなので、それ以外のことは放ったらかしになる事が多々あります。結果、遠方の友達との連絡を絶やしてしまい、記憶も遠い過去のものとなって終ってしまったということが多いのです。悪い癖だなと思います。

人との繋がりは一生の財産ですから、もっと大切にしていきたいなと、最近つくづく思うのです。特に引越しを繰り返してきた私は、連絡をとってなくて、記憶になってしまった親友だ何人もいます。今から考えると勿体無いなあと思うのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。