上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬休みに関東圏から広島へ子連れのご家族が
一時的にではありますが放射線による被曝を逃れるため、
2週間弱のショートステイに参加されました。

私の知り合いの方がほぼ個人的な受け入れを行っており、
微力ながらボランティアとして参加させていただきました。

普段は外で遊ばさないようで、遊びたい時期のちびチャンたちは、
大喜びで平和公園の中をぶんぶん走り回っていました。

私が素手でぬれた傘を触っているのを見て、
「そっか、雨とか気にしなくていいんだよね。」
とお母さんがつぶやくのを聞いてどきりとさせられました。

東京、茨城、神奈川など、福島以外の関東圏内でも、
放射能スポットと呼ばれる地域は存在し、食べ物を安心して食べられない状態。
安全といわれている給食も信用できないため、弁当もを持たせたところ、
弁当を持たせないでほしいという学校側から圧力がかかったり、
同級生が給食に手をつけた箸で弁当をつっついたりされている。

今もっと驚くべきは行政による移住支援が次々と停止され、
逆に福島など関東圏への帰還支援が行われています。
同時に、福島県内に大きい病院を設置が進められていて、
疑問を感じずにはいられません。

被曝は目に見えないので本当にこわいです。
なぜメディアは報道しないのか。
チェルノブイリの二の舞でしかないように思われるのです。
スポンサーサイト
2011.09.21 福島を思う
連日うらしま太郎にならないようにと日本の新聞報道を見ているのですが、地震発生から半年以上たった今でも絶
えない福島の原発に関する問題の報道を見ては心が痛むのです。

留学先での福島に対する知名度と、原発に関する関心度はやはり高いようです。何も知らずに答えられないことが2、3回あって、今は暇を見つけてはいろいろと記事を詳しく読むようにしているのですが、読めば読むほど暗い気持ちと、もどかしい気持ちがむくむくおきあがってくるばかりです。

野田政権に期待します。私も社会の一員として何かできないか考える日々です。

とりあえず目の前の中国語を頑張ります。
2011.03.15 地震
現在広島に帰省中です。

現在広島でもテレビ、ラジオともに、
地震関連のニュースが引っ切り無しに流れています。

正直、ずっと見ていると胸が痛くなるばっかりで、
怒ったり泣いたりばっかりしてます。
そんなんじゃあ何の解決にもならんのにね。
あー自分すごい無力!!!!

それぞれ自分のできることを見つけて、
何とか動こうとしている他の同期のAIU生を見ると、
自分にも何かできるのではないかと勇気をもらえます。

とにかく被災地の皆さんに元気を送りたいです。
悲しいけど、辛いけど、とにかく諦めないで!応援しています!

どうか一秒でもはやく二次災害がおさまって、
みんなが復興への一歩を踏み出せますように。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。